フロランタンとキッフェルン

b0087822_23295893.jpg
フロランタン。
ヌガーを流してからの焼き加減がポイントだと思うんだよね。当然、同時に土台になるクッキー生地も焼いてるわけだから、同時進行でヌガーも土台のクッキー生地も、ちょうどいい焼き加減に仕上げたいよね。となると、土台のクッキー生地の空焼き段階での焼き色の付け方&温度にもよるじゃん。…って、気が付いたのは、フロランタン研究中だった10年ぐらい前。で、そこに気づけば、あとは簡単。土台のクッキー生地の焼き加減と温度を変えて、ヌガーを流してからの焼き加減を焼き色を見ながら調整していくだけだから。まっ、地道な作業だけどね(笑)。簡単に言えば、土台のクッキー生地を焼くオーブン温度を160度、170度、180度。それぞれで、20分、25分、30分と焼いてみる。で、今度は、そのそれぞれの土台が冷めてから、ヌガーを流して焼く温度と時間を見ていく。そして、今度は、そのそれぞれの土台が冷める前に、ヌガーを流して焼く温度と時間を見ていく。で、自分の作りたいイメージに合うのは、どれかを決める!何回も何十回も何百回も焼く。そうするとね、自分の好みだけではなく、みんなの好みがわかる。子供向けに作るなら、土台は何度で何分、しっかり冷ましてからヌガーを流して、何度で何分とか(笑)。大人向けに作るなら、土台は何度で何分、空焼き直後にすぐヌガーを流して、何度で何分とかさ(笑)。自然にその焼き加減がインプットされていくわけで。自分で作りたい食感を作る、その奥深さにハマっていく。このフロランタンは、結構、思い入れのあるレシピなんだよね~♪♪♪。

で、一歩上行くフロランタンが作りたいのなら、ここは、躊躇しないでしっかり焼く004.gif
多少、側面が焦げてるぐらいに仕上げるのが、魅惑の焼き加減だと私は思う。あっ、あくまでも、多少よ。真っ黒に焦がしちゃったら、それは、ただの失敗ね(笑)。

さて、今日のお菓子教室は、chiffon chiffonなかやまの焼き菓子教室<応用コース>講座。第2期生対象 第2回「フロランタンとキッフェルン」講座を開講しました。
講座にご参加くださった皆さんに、こだわりのフロランタンの焼き加減をお伝えさせていただきました。あっ、もちろん、独自製法なので、その土台のクッキー作りにも、ちょっとしたコツがあるんだなー(笑)。で、そのコツさえつかめば、簡単にできる!

手を汚さず、綿棒も使わず、土台のクッキー生地を簡単に天板に敷きこむ方法も伝授させてもらいました♪。簡単すぎて、フロランタンづくりが楽しくなるはず(笑)。
b0087822_23343251.jpg
私のキッフェルンは、万能レシピ。
生地休めもいらないし、これなら、いつでも、簡単に出来ちゃうね♪
で、むちゃくちゃおいしいからリピート確実だと思うわ(笑)。

本日1月8日ご参加くださった皆さん。
来月の焼き菓子教室もお楽しみに・・・


058.gifchiffon chiffonなかやまの焼き菓子教室<応用コース>第2期生は、
虎子姉さん(群馬県)・びび(神奈川県)・セナさん(東京都)・しーちゃんママ(埼玉県)・まさくん(千葉県)・akiちゃん(神奈川県)の6名の皆さんです。
・・・aは大文字ね。わりぃ、なんか急にパソコンで、aが大文字にならない(汗)。
b0087822_01423889.jpg
みんなで記念の1枚!大成功おめでとう!!家でもぜひ作ってみてくださいね~♪♪♪


b0087822_01531158.jpg
こっちは、ご試食の図(笑)。今日の話題。
いやぁ、みんなで盛り上がった、あのお話は、また、後日書かせてください(笑)。
ではでは、また。



にほんブログ。一日1回クリックしていただけるとです♪。村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
こちらのサイトのランキングに参加しています。どうぞ、ワンクリックで応援してくれたら嬉しいです!
b0087822_02092064.jpg

by chiffon-chiffon | 2017-01-09 01:56

2006年自宅を改築して営業許可を取得。手作りお菓子のお店「chiffon chiffon」をスタート。2017年現在。販売は不定期にて。シフォン教室をメインに焼き菓子教室、料理教室を随時開講しています。こちらブログには、日々の教室の様子・プライベートなどを綴っています♪


by 中山真由美
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30